Auto update  Jekyll + netlify + zapier

jekyllとnetlifyとzapierでブログの予約投稿をする

レンタルサーバーからnetlifyに無事に移行は終了して、今度はブログ記事の予約投稿を設定します。 とはいってもzapierとnetlifyを連携すれば簡単にできます。

zapierとは?

zapier

いろんなサービスを連携させるツール。RPA(Robotic Process Automation)というらしい。随分な名前がついているけど、twitterでいいねしたものをtrelloに保存とかするようなフローを作って自動化してくれるようなものです。今回はzapierをつかって投稿をやっていきます。

予約投稿の仕組み

Jekyllの仕様でbuild時点までの記事は公開される。というものがって、つまり未来の日付をつけた記事はHTMLジェネレートされません。 その仕様とzapierで毎日定時にnetlifyをbuildするフローを作って、buildしたその日までのブログが公開されるようにします。

zapierでの設定

ScheduleのTRIGGER作成

ログイン後、MakeZapのボタンを押してZapを作り始めます。 TRIGGERにScheduleのappを選択し、EveryDay, 10AMと毎日10:00に動くように設定します。

スクリーンショット 2019-03-23 0.25.43

Schedule app

NetlifyのACTIONの作成

次にACTIONステップに進んで、Netlifyのアプリを選択します。Netlifyとアカウント連動し、 Start Deployを選択、Netlify上での自分のブログ一覧が選択できるようになるので、buildしたいブログを選択します。 Send Test To Netlifyのボタンを押し、 Netlify上でbuildが動いている確認が取れればOKです。

スクリーンショット 2019-03-23 0.29.45

Netlifyでbuildをする

完成

スクリーンショット 2019-03-23 0.39.45

作成したZap

まとめ

zapier+netlify+jekyllを使ってブログの予約投稿の設定ができました。 とはいっても、ほとんどデフォルトの機能しか使ってない感じです。Jekyllとzapierを使ったことがある人ならかなり楽にここまでできるんじゃないかな?と思います。

この状態でnetlifyは毎日10:00にbuildが走るようになるので、あとは未来日付の記事を書いていけば、自動で更新されていくようになります。 自分の場合、Netlifyのfeed(rss)を読み込ませて、新着記事があったらツイートするようなZAPを作っていて、記事が自動で更新->自動でツイートのような運用でやっています。

ブログの移行自体は比較的スムーズに言ったんですけど、SSL対応済みドメインの移行でいろいろハマったので、その辺も書いていこうかと思います。あと、Netlify自体の機能、A/Bテスト、フォームとかも使っていきたいですね。

connvoi's Picture

About connvoi

肉とビールと料理と写真とゲーム たまに技術 python / Solr / PHP / ansible

Jp, Tokyo https://connvoi.com